• hidamarifarm

みかんの畑の管理にお困りではありませんか?


陽だまりファームです。

三ヶ日は、みかんの栽培がさかんな地域です。

しかし、他の地域と同様に高齢化が深刻です。

後継者もいますが、三ヶ日全体の畑を支えるほど若者がいません。

家族経営が主である農家は規模拡大には限界があります。

そもそも、規模を拡大することが良いことでもありません。

いままでは、自分の畑だからと管理していた畑も

急傾斜な場所から耕作放棄されていきます。

みかん畑が耕作放棄されるとイノシシの住処になったり

病気や害虫が増える原因になります。

近所に迷惑をかけたくないと思っている方なら

まだよいのですが、地元に住んでおらず

相続もされない状況で近隣の農家に迷惑がかかる

ような問題も起きています。

そんな中、管理ができなくなった畑のみかんの木を伐採して

欲しいと依頼がありました。

今まで、陽だまりファームは自社の栽培管理で

精一杯でしたが、新しいスタッフも増えて

若干の余裕ができてきたので、

作業を受託するようにしました。

今回は、問題なく進みましたが、

農家さんとお話をするとなかなかうまく行かないことが

多いと思います。(私も農家ですけど)

それは、作業受託の見積もりが高いと言われると思います。

農家さんは、労働をコストとして見ていないことがあり

労働生産性をあまり意識していない方がけっこう多いです。

地域で協力してとか、あの人には世話になっているので

と言う理由で無償で作業をしたりするのです。

陽だまりファームは、ビジネスとして農業をやっているので

感覚が全く違います。

陽だまりファームは、栽培面積が広くなってきました。

できる時とできない時がありますが、

みかんの管理でご要望がありましたら、

ご相談ください。






0回の閲覧